マッサージをする

フェイシャルエステといっても、目的別に様々なメニューがあります。美肌効果や小顔効果を出す為というのが、どのフェイシャルエステメニューにおいても共通するものであります。

フェイシャルエステで最も多いのはやはりマッサージです。手技やマシンを使用してマッサージを行っていく事で、血行が良くなり、新陳代謝も良くなって、蓄積した老廃物や余分な水分を排出してくれます。

エステサロンにもよりますが、手技によるマッサージだけのメニューもありますし、パックやイオン導入など、複数の工程を組み合わせたフェイシャルエステメニューもあります。

肌の血行を良くしてからでないと、いくらパックをしたり、イオン導入や超音波を使ったケアをしても、なかなか効果が得られません。ちなみにマッサージは、血液の流れやリンパの流れに沿って行います。手技によるマッサージだけの場合、費用も安めとなっており、大体30分くらいで2000円から3000円といったところです。

マッサージだったら自分でもできそうと思うかもしれませんが、自分で顔をマッサージすると、自分の手を動かすことになり、それによって肩や腕の疲労が生じ、リラックスができません。

やはりプロに任せて、寝た状態で顔をマッサージしてもらうとリラクゼーション効果も高まりますし、的確にリンパや血液の流れに沿ってケアをしていきますので、美肌効果の出方もかなり違ってきます。あまりにもリラックスができるのでつい眠ってしまい、日頃の疲れも取れますのでお勧めです。

超音波やイオン導入等のマシンを使用する

小顔効果を出したり、むくみやたるみを解消するフェイシャルエステでは、超音波やイオン導入を行うマシンを使ってケアをすることもあります。

超音波は目に見えない高速の振動を皮膚に与えて、肌細胞を活性化させることが出来ます。専用の化粧水やジェルを使用してマッサージをします。これによって、肌の奥の汚れを浮き上がらせることが出来ます。

また、超音波は脂肪を燃焼する作用もあります。ただ、肌に触れた位ではいかにもマッサージをされているという感覚はありません。

しかしながら皮膚表面では、高速の振動が伝わっており、徐々に肌表面や真皮の温度が高くなります。

そして脂肪に対してピンポイントに働きかけるため、続けていく事で顔が細くなります。肌細胞へ刺激を与えるので、再生力もよみがえってきます。サロンによってはホームエステ機器を販売している所もありますが、こちらと併用する事でより美肌効果が高まります。

エステサロンで扱っているホームエステ機器は数十万程しますが、それなりの効果はあるようです。ケアに要する時間も5分程度で短いです。ただ、やりすぎは肌に負担をかけるため、2日か3日おきに行うのがベストのようです。

そして注意しなければならないのは、エステ機器を強引に売り込んでくるサロンもありますので、事前に利用前にチェックしておくといいです。あとイオン導入は、保湿ケアとクレンジングで利用します。

イオンに汚れが吸着して分子レベルの汚れが除去でき、継続使用していくと肌色が変わってきます。

レーザーを使ってケアをする

フェイシャルエステの中で、シミやそばかすに特化したメニューがあります。その代表的なものがレーザーを使用したケアです。レーザーは黒いものに反応する特性を持っています。

脱毛の際に使用するレーザーもこの特性を活かしたものであります。そのため、レーザー脱毛で使用されるレーザーとシミやそばかすを除去するためのレーザーは同じ波長のものを使っています。

もちろん、皮膚に直接当てるため、威力は脱毛機器よりかなり弱めとなっています。レーザーを使ったエステメニューは、機器自体が高額なので、当然ながら施術料金も高くなります。

フェイシャルエステのメニューは様々な工程を組み合わせものが多く、その組み合わせの種類によって、それぞれ異なったメニューとして提供しています。レーザーを使ったメニューは、安くても1万円以上はします。

スペシャルケアと称するあらゆる工程を組み合わせてレーザーケアをプラスしたものとなると、2万円前後かかることも珍しくありません。通う頻度は通常のフェイシャルエステよりやや少なく、月に1回または、3週間に1回といったところです。

これは肌サイクルが生理の周期である21日から28日に合わせてケアをする事で、より高い効果が得られるからです。シミやそばかすにレーザーを当ててすぐには除去できません。

肌を活性化し、シミの元であるメラニン色素の働きを弱めて、それから肌の角質が約1カ月間かけて生まれ変わっていく事で、肌が生まれ変わるたびにシミが薄くなっていくという事です。

特殊なパックを使用する

フェイシャルエステメニューでシミやそばかす除去程ではありませんが、割といい値段がするものでパックエステというのがあります。

パックも種類が多く、汚れを吸着してくれるクレイパック、ミネラルを豊富に含んでいる海藻パック、ピーリング作用があるフルーツパック、保湿効果が得られるヒアルロン酸やコラーゲンパックがあります。

またリラクゼーション効果が高いアロマパックというものもあります。そして、剥がすタイプ、洗い流すタイプとあります。剥がすタイプは角栓を除去してくれます。洗い流すパックは毛穴奥の汚れを優しく洗い落としてくれます。

保湿パックについてはコットンなどに成分を含ませ、しばらく顔に乗せるというものです。あるいは、専用の化粧品をコットンやガーゼにしみこませ、より肌の奥へ成分を届ける為に微電流を流して美肌効果を得られるものもあります。

そして、新陳代謝を高めるため、発汗をさせる為のロウを使用したパックもあります。他には石こうを利用したパックもあります。顔は常に外気にさらされており、様々な雑菌、老廃物、古い角質が沢山付着しています。

これらの発汗を促せるパックをする事で、汗が出てきて、汚れを浮き上がらせやすくします。また、これによって、皮膚表面の温度を上昇させる事が出来ますので、角栓や皮脂を柔らかくし、毛穴の塞がりを解消してくれるという効果があります。

パックエステの費用は、やはり使いきりというのがあり、コストがどうしても高くなります。1万円以上というのも珍しくありません。

小顔効果が高い骨格矯正

最近流行っているのが骨格矯正というものです。エステサロンでというよりは整体院、リラクゼーションサロンで取り扱っているケースが多いです。

骨格矯正は顔の骨の歪みを整えて、筋肉を正しい位置に戻す事で、目や眉の位置が変わったり、目の大きさが変わったりします。

また口角の位置も変わり、まるで整形をしたかのような変化を遂げる方も多いです。普段の姿勢によって、人間の顔というものは変わってきます。そして、ほとんどの方は右と左で顔の表情やパーツの高さが異なります。

左右全く同じというケースは極めて少ないです。これを整えていく事で、顔立ちが変わるだけではなく、小顔に変身する事も多いようです。

美肌効果というよりは美顔効果の方が期待されますので、フェイシャルエステメニューとは別格になりますが、通常のフェイシャルエステメニューと兼用する事で、かなり見た目が良くなります。費用は意外に安く5000円位からとなっています。

高いところでは数万円という所もありますが、ほとんどが顔と全身のセットで行うメニューとなります。美容整形に近い効果が得られ、かつ美容整形のように針やメスを使用するわけではないので、非常にリスクが低く、人気が高くなっています。

骨格矯正とはいっても、骨を動かすというよりは、筋肉を優しくマッサージする程度のもので、全く痛みは無く、施術中に眠ってしまう方も多いです。

ただデメリットとして、まだまだ骨格矯正を扱っているサロンは少ない為、地域によっては県外まで施術を受けに行かなければならないということも多いようです。